早期発見を目指して糖尿病の検査を~悪化を防ぐための豆知識~

Treatment of disease

糖尿病を甘くみちゃだめ!自分できる対策法を知ろう

早期発見を目指して糖尿病の検査を~悪化を防ぐための豆知識~

相談

血糖の変化をチェックする

糖尿病になったとしても、合併症の予防や進行を抑えるための行ないをすることで、病と上手に付き合うことができます。そのために必要なのは、簡易血液測定器を使って、血糖値を自分で測ることです。一日の血糖の変化がチェックできるだけでなく、インスリン注射のコントロールが楽に行なえます。また、小岩の内科で治療中なら、主治医による治療計画書の役に立つこともあるでしょう。糖尿病の方やそうでない方も病気から身を守るために活用したいアイテムです。

看護師

糖尿病になるとこんな症状が出る

代表的な症状は、尿の出が多くなる、喉が渇いてしょうがない、食事をしっかり摂っているのに体重が減るなどです。尿が出ると脱水症状に陥るため、水分を余計に欲しがります。また、糖尿病で体重が急激に落ちるのは、ほとんどの糖が尿として排出されるためです。

聴診器

病院で受けられる治療

糖尿病の治療目的は、血糖値のコントロールを行ないより健康的な体に近づけることです。運動や食事制限はもちろん、インスリンの分泌を活発にする薬物療法をとりいれます。この薬物療法には、効き目をよくするもの、糖の分解を行なうもの、糖の排出を手助けするものがあります。

二つの型を比較してみよう

1型糖尿病

膵臓にある細胞でインスリンを作りますが、何らかの原因でそれができなくなると、インスリンを作ることが不可能となります。これが1型糖尿病を引き起こす原因です。特に若い人に見られる症状です。

2型糖尿病

このタイプの糖尿病は、中高年にとても多いといわれています。運動不足、飲酒過剰、ストレス、肥満といった生活習慣が大きな原因です。近年は若い人も2型糖尿病を発症しています。

広告募集中