下肢静脈瘤の手術をするなら知るべき大切な情報を紹介!

Treatment of disease

肥満になるとなりやすい?下肢静脈瘤の特徴と手術について

下肢静脈瘤の手術をするなら知るべき大切な情報を紹介!

医者と看護師

下肢静脈瘤になりやすい人

親族に静脈瘤の疑いがある方や、立ち仕事や座り仕事が多い場合は下肢静脈瘤になりやすいといえます。また、肥満の場合は全体重が足にいくため、静脈瘤ができやすいと指摘されています。

自然に治ることはない

下肢静脈瘤は、血管内の弁が破壊されて起こる血液疾患です。放置しても、自然に治ることはまずありえません。命に関わる病気ではないものの、皮膚疾患を引き起こすリスクは確実に高まります。そのため専用のレーザーを使って血管内の壁を焼く手術や、保険が適用されるラジオ波の手術を使って、根治を目指すことが大切です。

肥満とがんの関係性とは

これまでがんの危険因子は、喫煙だと考えられていましたが、様々な研究結果で、2型糖尿病ががんの発症リスクを上げることがわかっています。方法としては、樹状細胞ワクチンを使った治療が有効とされていますが、がんにならないようきちんと予防することが大切です。例えば、梅田のクリニックでは高血圧症、脂質異常症、禁煙外来を設け、病気のリスクを下げる治療を積極的に行なっています。これらは全て、今後の健康維持にとても重要とされています。日本人がかかりやすい様々な病を寄せ付けないためにも、健康を意識した治療をしてくれるクリニックは今後必要でしょう。

がん治療中にできるストレス発散法

  • 話し相手を作る
  • 治療に関する情報収集を行なう
  • 他の治療を試してみる
  • 趣味を持つ
  • 体を動かしてみる

広告募集中