検便検査をして食中毒になるリスクを抑えよう

Treatment of disease

検便検査で納得できる結果を~今の時期だからこそやっておきたい~

ウイルス検査ができる

検便検査では、便に含まれる菌を採取して集団食中毒を引き起こす細菌やウイルスがいないか入念に検査をします。また細菌やウイルスにはそれぞれ違いがあります。

細菌とウイルスはどう違うの?

細菌の特徴

自己複製能力をいう能力を持った微生物です。細胞は一つしかないため、単細胞生物に分類されます。

ウイルスの特徴

内部遺伝子を持つ単純なつくりをした微生物です。細菌のように栄養を得て、エネルギーを増やすということはほとんどしません。

検便検査をして食中毒になるリスクを抑えよう

医療

検便でわかること

検便検査でわかることは、サルモネラ菌、パラチフス、O-157、ノロウイルスなどのウイルスや細菌の有無です。検便検査で発見された場合、保菌者に対し医療機関への受診を求めます。陰性であるとわかるまでは、安静にしましょう。

カウンセリング

検便の必要性

集団感染や食中毒などの問題は、衛生環境の整っている日本でも少なくありません。こういった事態を少しでも防ぐために、検便検査がとても重要とされています。特に何日も続く下痢や、嘔吐をしたなどの症状がある場合は、積極的に検便検査をしましょう。また一見健康そうな方も食中毒の危険がある細菌を保有していることがあり、油断はできません。

看護師

頻度について

学校給食の調理担当者や飲食店、保育園、福祉施設では、結構な頻度で検便検査を実施します。ただ基本的には、毎月の検査が普通でしょう。検便検査を提供するところでは、市場価格よりもかなり安くしてあるので、費用負担も軽くなります。

正しい採便方法

正しい情報を得るためには、新しい便を採便することが大切です。また、便秘の場合は植物繊維が含まれる食材を積極的に食べて、便の出をよくしましょう。

広告募集中